哲色サイコパス

This is my Sanctuary World

アイドルマスターSideM ORIGIN@L PIECES06 感想メモ

アイドルマスターSideM、ORIGIN@LPIECES06、購入しました。

オリピも後半戦にがっつり入り、だいぶ出揃って期待も高まってたんですけど。
個人的に期待をベクトル違いで大越えしてきたというのが一番の感想でした。
凄く。アイドルだ、って。
全体的に1番でアイドルとしてのイメージの彼ら、そして2番以降で少し人間的に掘り下げた彼ら、が表現されてるのかなーって思って。その構成凄くいいなぁって思って。その上で、彼らの意志が強い。
なんだか、どんどんアイドルらしくなってきたなぁ、って。心底思いました。


以下一曲ずつ感想!!!!

 


【HAPPY×HAPPYミーティング(天ヶ瀬冬馬/寺島拓篤)】
「エールでもショービズも やるならとことんだ」
凄くアイドルらしい曲を当てられたなぁ、と思いました。17歳の男性アイドルらしい、ほんとにわかりやすくらしい曲。そういえば冬馬くんここまでわかりやすい曲って歌ってこなかったんだっけ、って思って。どっちかっていうと攻めの姿勢系が多かったっけ、って思って、あぁこうやっていろんな曲を歌って行くのアイドルらしいなぁと思いました。
HAPPY×HAPPYミーティングって、ミーティングの意味、多分間違ってなければ。広島イベのほんっとかっこいい!って思った冬馬くんが篭ってていいなと。
冬馬くんの思いも込められつつ、アイドルがファンに伝える言葉として、きっと色々知ってる人ならばそこに重みを感じられて本当に心強い曲なんじゃないかなぁって思いました。過去をよく知らない自分だから雑な感想になっててあれだな
歌詞は「始まった伝説はコンティニューだぜ」と悩んだ末に選んだやつの方が冬馬ソロとしては好きかなぁと。未来プロデュースだぜ、って言葉が重い。個人的に。
ライブ、どう魅せてくれんだろう。楽しみさ高い。

【青春!サティスファクション(若里春名/白井悠介)】
「悔しい夜に泣かされても 優しさトッピングは忘れずに」
ぱっと聴きでむちゃくちゃ好き!って思った曲。心の底からライブで一回でいいから聴きてぇ……。
春名のお兄さんみと、かっこよさと、ドーナツと、ドラムと、青春と、積極的に明言されてる感じがしないのに、ぎゅぎゅって詰め込まれてる感じがする。
あと、真ん中のギターソロ→ラップパートがすっっっっっごい、個人的にアイドルらしくて、若里春名ってアイドルが歌うのに凄く納得のいく曲だなぁって思いました。最適解というか……。
まじライブで聴きたい……。白井さんがはっちゃけて体力心配だけど(笑)そんなステージが観たい……!

【GO AHEAD SMILE!(信玄誠司/増元拓也)】
「今日ここにいること繋がってるから」
信玄さんじゃあああああ……(;_;)むちゃくちゃステージで輝く信玄さんと信玄さんとしてステージで歌い踊る増元さん、どちらもすごい脳裏に浮かんできて、あぁぁぁ……ステージで観たい……。
力強さと、柔軟な硬質さと、信頼感が詰め込まれた凄く信玄さんらしい曲だなぁって思いました。
2番のBメロ?の歌詞がやっと過去に触れていて、多分あの信玄さんの過去のなにかしらあったのってCDの感じだと周知よ、な?(イベント全部読んでないから自信ない。カレー辺りでも触れてただろうか)だからあぁやってさらっと、でも大切に触れてくれていて、凄く、いいなって。個人的に思いました。
わたし、今のところFRAMEって勇敢なる〜でOPストーリーが始まって、そこからMIPも龍ソロもそしてこの信玄ソロも、各々がそれぞれのエンディング(≒未来)に進んでるイメージがあって。なんかこの曲もEDっぽくない?わたしだけかな。
「点呼をしてみようか」って会場をぐるって見回してくれる信玄さんが見えて幸せです……。ライブ行かせてくれ。

【漢一貫ロックン・ロール(紅井朱雀/益山武明)】
「右の拳に願い込めて 今日も励むぜシング&ダンス」
むちゃくちゃ曲がおしゃれ……。多分歌詞だけ見ると凄くキャラソンキャラソンしてるんかなぁって思うんだけど、それをこのキャッチーというか、レトロみあってお洒落な、そしてど直球に朱雀そのままではない曲に当てることで、アイドルとして成立してるのかなぁって。凄くらしい曲だなぁっていう個人的な感想。こんなかっこいい曲歌えるんだ!朱雀くん!ってnotPからすると新発見でした。
2番の玄武くんやにゃこのこと歌ってるところも、ちゃんとシンメトリーは成り立ってるところもいいなぁって。
むっちゃ傍白とか……かなぁ、の衣装着て歌ってほしい気持ちある。めっちゃかっこつけて、かっこつける研究とかしててほしい。そして、ステージ上であのくっしゃくしゃの朱雀くんの笑顔見せてほしい……。

【ROAD TO THE FUTURE(円城寺道流/濱野大輝)】
「一人じゃ得られない(極められない) 世界もあるんだと ハッとしたんだ」
みちる〜〜〜〜〜〜。・゜・(ノД`)・゜・。
あの。わたしこういうテイストのアイドル曲だいっっっっすきなんですよ……。言葉の一つ一つが声のせいもあるのかもだけど、曲の力もあると思うんだけど、重くて、強くて。きっとこの曲に力を貰う人間は多いんだろうなぁって。
おはようの歌うたってるお兄ちゃんじゃなくて。過去にいっぱい背負ってて、今にもちゃんと背負ってるものがあって。えぇ、ほんっとにかっこいい。この曲歌ってる道流さんのカードあったら欲しいもん……。
道流さんのことめちゃくちゃ知ってるわけでもないからあんまり語りたくはないすぎて、文章クソ短いけど、順当に一番感動して、かっこいいなって。多分過去オリピで一番思った気がする。
あと、そういえば虎牙道ってみんな一人で戦ってきたんだなと今更気づいた(遅い)

【Flowing Freedom(北村想楽/汐谷文康)】
「自分が心を偽らないのなら 纏う仮初めも綺麗だよ」
初聴きから静かに殺しにきた北村の曲……いや、まぁ想像よりは殺傷力が低くてよかった(当社比殺傷力ナンバーワンは雨彦なので)
歌詞の要所に散らされた言葉遊び・韻の踏み方。真っ直ぐなようで婉曲的で、でも真っ直ぐな言葉。そして真ん中。北村らしさに溢れてて「北村想楽はいい曲もらったなぁ」って思いました。おもてなし〜のくだりがすっごく好きです。
本当にこの曲はライブで観たい。あぁ当てます。大丈夫です。強い意志で当てます。はい(仙台土曜じゃなければ)
あと、超個人的に訥々と始まり、拡がった末に、内に落とす流れが美しいなーって思いました。
ここからの文章は北村Pではないにも関わらず、もしまた総選挙が万が一開かれるようなことがあれば北村想楽をトップに立たせたいと思っている女の戯言となります。お気をつけください。
全体的に本当にこちらに語りかけるように歌っていらっしゃって。それこそ話すように歌う、いや彼は歌うように話しているのかもしれない。静かな棘・切なさ・微笑み・空虚が想起される情感の含め方、息の混ざり方、なんだか全てにおいて凄くわたしの中で納得がいく、北村想楽の最適解がそこにあって、北村は兎も角これまでそんな人に目を向けられてなかったのか?と中の人に思うのがまず第一。
この世の中に静かに切れ目を入れるようで、この世に生きる迷う者を、そしてどうしようもないような世界を、静かに赦す……というよりも受け入れる歌だなぁというのが最終的な感想なんですが。この曲、そして北村想楽というアイドルは本当に、自分らしさを強調しながら、自分らしさを塗りつぶす(とわたしが勝手に思っている)この社会が産んだアイドルなんじゃないかとすら思うのです。この社会が何よりも求めるアイドルというか。(本人はそこまで大仰にされるの不本意だと思うんですけど)(あと北村Pにも怒られそうですけど)
そのくらい、この曲は、そしてここに北村想楽という人間が反映されているのなら、素晴らしいなと。個人的にわたしは、北村はアイドルという枠に嵌っているのではないかという意見には真っ向から反対したい人間だったので。これは、わたしがかなり曲解してる世界劇場理論の信奉者である元役者(の成り損ない)だ、というのが凄く反映された意見なのですが。わたしは劇場理論の中で役者であることを選んだ人間なので。
あと、なにより。こういうこと思うのはわたしが今年21歳、北村想楽に出会った頃19歳だった人間だからというのもあると思うんですけど。わたし、北村ソロに関しては、ほんと、北村Pか・レジェPか・ほかPかと年齢(あと立場)で聴こえ方が違うというのを試聴時点から推してるもので。
兎にも角にも。北村想楽がとりあえず事務所内でトップアイドルとなったとき、どんな風に振る舞い、どう輝くのか。それが見たい。きっと彼は、たくさんの人の希望になれるって思ってるから。なぜなら彼はわたしの希望なので……。こんなもんアイドルとはいえ19歳の年下の男に背負わすんじゃねーよって話なんですけど。
北村想楽のこれからが、心底楽しみです。ありがとう北村。

 

 

そんなかーんじ!


正直、平均値を雑にとるということをするなら過去のオリピで1番好きです。
ていうか、オリピ05からアイドルらしく彼らを掘り下げてくれてる率が高いなぁって思って。担当グループのうち1つが、特に歌で押し切ってくれる方の担当がもう出てしまっているから、正直そんなオリピにしてもらえなかったことが悔しいです。嫌なわけじゃなくて、悔しい。今の曲も勿論だいっっっすきだから不満はない。だからこそ悔しい。
勝手な想像、04までとそれ以降の差って、2ndライブだと思うんですよね……。あの舞台に立っていたのは演者だけど、それでもアイドルとしての彼らが彼処で表現された。まぁ、そりゃリリイベはあったけど、規模が違う、315プロのアイドルとして共に立つステージでの彼らの姿が見られているのとそうでないのでは差が絶対につくから。

そう思うくらい。よかった、オリピ06。
……3rdライブ、いきてぇなぁ。

8月6日 アニメイトカフェ日記

  なんだろう。この実家のような安心感

 

 

 

  そんなわけでアニメイトカフェ8連勤4日め。今日から勤務は大阪日本橋です。

 

  お席はAltessimo席。

  懐かしいご案内時のシール渡し、正の字じゃなく普通の注文、個人での説明じゃなく全体説明etc

  後個人的に日本橋のアニカフェすき。全体的に白くて(???)

 

  後ろからはアスランの視線を感じ、両隣から雨彦さんの視線を感じる。なんだろう、このなんとも言えぬ圧迫感。

  

 

  なお、食べたのは雨彦さんのチョコケーキ。ほら声帯実装日1周年だし。旗も飲もうかと思ったんですが、そうするともっふだけ食べないのなぁ……となるので。

  そしてやっとコロクリコースター自引。からの運試しがわりのグッズは全て雨彦さん。

  f:id:hobbitrical-parade:20170806214741j:image  

f:id:hobbitrical-parade:20170806214745j:image

 

  大阪のカフェは、Pが担当アイドルやグループ名を叫ぶのですが、これは雨彦さんの名を呼ばないといけないのでは……という圧迫感にかられ……。

  「雨彦さん……!」「れじぇんだーず」で参加するという(笑)(なおゲーム結果はダメでしたw)

 

  個人的な感覚なんですけど東京より名刺交換が活発な印象。実際名刺交換してもらいましたし。いぇい。

 

  そんな連勤4日め。アニカフェ大阪初DAYでしたとさ。

アイドルマスターSideM ORIGIN@L PIECES 05 感想メモ

  タイトル通りですが、オリピ05を買いました。こちら、その感想文です。

 

  ちなみに中に入ってたのは直央くんでした。むちゃくちゃかわいい。むっっっちゃかわいい。足が可愛い。

 

 

 

  なお、この感想文、多分様子がおかしいです。多分04より様子がおかしい。なんでや!!!!

 

 

 

【"W"onderful Tactics!(蒼井享介/山谷祥生)】
「逃さないよ、チャンスは必ずね… GetGoal!そうだろ?」
きょーすけえええええええっ!
かわいいんだけど、すっごい歌詞がかっこよくて。最初の2人で!を背負っていたきょーすけから、成長して、1人でも大丈夫になって、1人でも1人じゃないって思えて。
監督さんは、ほんとにこの成長をここまで見れて幸せだなぁと。そして、ここまで来なければいけなかったから、Wはこんなにもソロを待たされていたんだなぁと。思いました。

【威風堂々と(黒野玄武/深町寿成)】
「出会いが俺を変えるんだ 常に学んで磨きたい」
めっちゃ曲かっこいい。今までMマスに曲を提供された方じゃないはずなんですけど、故に新鮮で、でも玄武くんらしい疾走感もアツさも、正義も、インテリ感もあって。かっこいい。玄武くんが1人で歌ってるということ、そもそも彼がステージ上に立つということのイメージが全くつかなかったPはセカライを経て、この曲を聴いてなんとなく想像できました。Mステ楽しみですね。
番長……ではないんですけど、番長さんがいれば。を掛け合いでこちらからいうのは恥ずかしいので、なっきゃん氏になにか考えていただきたい気持ち

【RULE〜牙ヲ穿テヨ〜(牙崎漣/小松昌平)】
「今はまだほんの通過点を踏んだにすぎない」
ただの最強俺様ソングでした。でも、確かれんちゃまそっこまでVo高くないのに、頑張って歌って、ライブではかっっこいいダンスを見せてくれるんだろーなぁって思えるから好き。
きっと、漣はこの曲をもらって「わかってんじゃねーか!」「俺様が最強大天才だってことだな!」っていっぱい言ってくれると思うんですけど、この曲、歌詞だけならばもっと深い深い、みんながちゃんと漣をみて思ってくれてることが詰まってると思うんです。ただの最強大天才じゃない。頑張れる。ただの俺様じゃない。まっすぐで強くて不敵で、心底からかっこいい、最強大天才。
その期待や周囲の思いさえも、何年も経った漣が気づいて、理解して、飲み込んで、そのときにこそ最強大天才の完成されたステージができるんじゃないかと思うので。のんびり、待っていたい。
これよりかっこよくなる牙崎漣が楽しみ

【ほっぷ・すてっぷ・ハイ、し〜ぷ!(岡村直央/矢野奨吾)】
「視線はくぎづけ そんな未来にしよう 頑張れちゃうワケはいつでも……みんな!」
あ〜、心がメエメエするんじゃ〜
かっわいくて、ぴょんぴょこしてて、でも強くて。すっごく主人公ソングでした。多分、オリピ05の曲の中で、単純に曲としては一番好き。
弱いだけじゃない。ちゃんと前に進める、ステージの上でアイドルとして輝いて、夢を願える直央くんがそこにはいました。かっこいいね。


【Sweep Your Gloom(葛之葉雨彦/笠間淳)】
「出逢うなら、そんな君がいい」
むりです。試聴段階からガン泣きしてバイト行けなくなるところだったんですよ。ほんと歌詞がしんどくてしんどくて。なお、発売日聴いたら1時間泣きわめき続けバイト前にもかかわらず顔をぐちゃぐちゃにしました。
イントロで「あー、大人の色気が香るなぁ。すごいかっこいい曲だよなぁ」って思って、今回は泣かないわ!大丈夫!って思ってたら、雨彦さんの第一声の時点で、突然涙が溢れ出して。そこから大号泣で、もう過呼吸みたいに泣いて。そんなときに「溢れても、そのままでいい」と語りかけてきて。
葛之葉雨彦って。大人の余裕があって。掴み所がなくて。そういう人間だったと思ってるし、中の方も以前ラジオでそう話していらっしゃってSLはそういう元で歌っていらっしゃったはずなんです。
それが今回、凄くアツくて。余裕が感じられないわけではないけれども、確かな温度が声に篭っていて。第一声からそれを感じてしまうくらいに。
きっと、葛之葉雨彦の中に、セカライや過去の仕事を通じて。変わったことがあったんだろうな、と。思って。
ほんとはこの人、掴めないよくわかんない古狐にみえて、誰よりもお節介焼きで放っておくことができない人なんじゃないかって。「掃除の時間だ」と、「汚れを払う」と。その本質は、生きづらい人を救うことなんだって。彼は、過去にそれで苦しんだことだってあったんじゃないかって。でも、それでも、その夢を諦めなかった結果、見つけた道が"アイドル"って仕事だったんじゃないかって。
それを諦めなかったかもしれない彼が、否、そうでなくても「輝きを手に入れるなら 一瞬だってもう諦めるな」と葛之葉雨彦(30)が高らかに歌い伝えること。それはあまりに重くて、2重の意味で。
この曲の恐ろしいところは、新人アイドル(30)が「俺の夢を俺は叶えてみせる」だから「お前もお前の夢を叶えろ」と言っているところだと思うんです。
幕張のステージで(まぁ中の人がだけど)泣きながら「これからも肩を押していてください」とプロデューサーに懇願した男が、そして名古屋では「肩を押してはくれないか」と言った男が。今度はアイドルとして、ファンの肩を叩いて導いてくれた。
ありがとう葛之葉雨彦。そしてありがとう。笠間淳さん。
この熱量に負けた時には、死が待ってると思います。その上で、わたしは葛之葉雨彦のファンになることを、ここに宣言します。そして、彼のファンであることを恥じないでいれるように……ありがとう。肩を、押してくれて

7月8日 アニカフェ日誌

「金人間!!!!!ガシャ回さなきゃっ!」
「あぁもう無心で開封してるwガシャのようですねw」
「(退店時)あ……ガシャ回し忘れた」

 

 

 

 

  そんなわけでMマスカフェその2でしたー!
  最近の唯一の生き甲斐!これと楽しい授業だけが生き甲斐!
  フォロワーさん(信玄・FRAME P)連れて行ってくださって、ほんとに大感謝でした……。いつも後方支援ありがとうございます!

 

  お席は金人間席!

  ガシャ回そう!って言ってたけど忘れてました

f:id:hobbitrical-parade:20170727215349j:image

 

フードは

・レジェのカレー(そらぴ)

・F-LAGSの実質ドリンク(一希さん)

・Beitのメロン(ピエちゃ)

ドリンクは

・ドラスタのムンナイカクテル(ちゅばしゃ)

・ハイジョの天上天下(四季わん)

   だったはず!

f:id:hobbitrical-parade:20170727215302j:image

f:id:hobbitrical-parade:20170727215306j:image

f:id:hobbitrical-parade:20170727215313j:image

 

 

  安定のアクキーガシャを開催しw

f:id:hobbitrical-parade:20170727215423j:image

  もうこんなには買わないw次からはおとなしく5ずつとかにするwメンバーも残り5人だし(みのりさん、ゆーすけ、にゃんす、あすらん、しろくん)(グループC制覇してるw)

ほんとに楽しいカフェでした!
カレーも美味しかった💓120点はさすがだね!

次は自引き日!レポート提出とどんかぶりなのでがくぶるですが。たのしみー💓

7月5日 アニカフェ日誌

「いや雨彦さんの女じゃないんで!雨女じゃないです!!!ただ雨彦さんの曲で1時間泣き続けただけで!」
「あー!土砂降り女なんだね!」

 

 

 

   そんなわけで、3rd記念カフェ1回目!
東京、正直むちゃくちゃ辛くて、前日入れてるのにオール落選。奇跡的に同行でお世話になってるお姉さまにつれてってもらいました。

  4人席でお世話になってるお姉さま&お兄さん(てんてるP)、そしてはじめましてのお姉様(カフェP)。皆様優しくて、幸せでした。
  そんなわけでフードファイト&コンプ狙いのアクキーチャレンジw

 

  ご飯は

 f:id:hobbitrical-parade:20170727214406j:image

・アルテのエッグベネディクト

SEMのたこ焼き

  ドリンクは

f:id:hobbitrical-parade:20170727214403j:image

・カフェパレのマリアージュ

・Wのダブデビドリンク(撮り逃した)

・もふのパラダイス

  だったはず!

  なお、エッグベネディクトめちゃくちゃ食べづらい!切るの失敗して服にベチャってやりました……。

 

  そしてアクキーwwwwwww

f:id:hobbitrical-parade:20170727214425j:image

  想像よりバラけてくれて、ダブったのも雨彦さん・せーじさん×2・ピエール×2・幸広さんのみ。まぁ担当来なかったんですけど!(雨彦さん&ピエールで交換しました。ありがとうございました)
  今日、雨女さんと舞田Pさんが多くて「やばいな……」って思いつつ。担当は手元にきたのでよかったです……。

 

  あと、今回もゲームあった!

  確か、「We Are 315!」と「今日のケータリングはなににしようか〜♪」「(好きなの選択。おにぎり!にしたけど、やっぱコナモノ多かった)
  

  終了後4次会までして、やばい話もいっぱいして。正直、一回泣いて(古論クリスの話で泣いたから、お前レジェの話で泣きすぎ)


  アクキーチャレンジも、今回必死になってるのも、正直永遠なんてないし、どこかで一度離れなきゃダメだって思ってるから。だから。お願いだから、それまでに。彼と彼のはじめてを。
  どうか、よわいわたしががんばれるように。

アイドルマスターSideM ORIGIN@L PIECES 04 感想メモ

  おはようございます。

  題目の通り。オリピ4買いました。フラゲで。

  書こう書こうと思いつつ、副業(学生)に追われ、プロデューサー業のために副業を増やしたり(バイト)していて、なかなか書けず。むしろ、じっくり書きたいから適当にしたくなく。

  とか思っていたら発売日どんだけ前だよって感じになりました。

 

 

 

  でもね。素晴らしかったんです。

  前日取りに行って、でも真剣に聴きたくて。ご飯食べて、片付けて、お風呂はいって、髪の毛乾かして。そこまで全てを終わらせて、じっくり聴こうと思ってちゃんとやりとげて。電気消して、キャンドルライトの明かりのみで聴くオリピ04。

  これまでがダメだったではなく。担当贔屓ではなく。最高傑作なんじゃないかと、思う1枚でした(メンバーの濃さもあり)セカンドを越えて聴いたというのも大きいでしょうか。

 

  以下、語彙力のない感想を一曲ずつ。

 

 

 

 

【ROMANTIC SHAKER(伊集院北斗/神原大地】
「もっと溺れてごらん 記憶の中目眩するほど」
  一番アイドル感のある曲という印象の強い曲で驚きました。過去のオリピの中で唯一(あくまでわたし基準)ちゃんとアイドルしてた。キャラソンじゃないアイドルの曲だった。さすがJupiterというべきかな……と。先日ライブで披露されたそうで、見たかったな、と心の底から。
  だがしかし、ふとしたワードが北斗で、「あぁ北斗のための曲なんだなぁ」って思わせてくるのが素晴らしいと思いました。
  アイドル伊集院北斗が心底輝く曲だと思います。上っ面の感想ですみません。
ところでエンジェルとプリンセスに違いはあるのでしょうか。

 

 

【Because(桜庭薫/内田雄馬)】
「静寂と歓声が手を取り合っている」
  P生きてる?死んだな。知ってる。
  曲調がまず最高だと思うんです。蒼い。
  今までの桜庭薫が詰まってるのではないかと思いました。
  生まれて、姉の死である種の1つの幸せが壊れて、でもそこから新しい道を見つけて。きっと血の滲むような努力があって。そしてまたこの場所で「"完璧"な輝き」を見せるために桜庭薫は必死で努力をしてくれている。
  そして、DRAMATIC STARSに出会って。もうこの辺りは今イベの漫画を読みましょうって感じなんですけど。「この場所に立つまでに出会った誰が欠けても、僕は今の僕ではなかった」の言葉どおり(勿論、真逆もあって、姉の死がなければ桜庭薫は、それこそ笑い方を忘れかけることもなかったはずなんですけど)で。
  歌詞の一言一言に感想を言いたいくらいなんですが、桜庭Pではないゆえ、あまり中途半端な言及をしたくない気持ちがあります。
  静寂を好んでいたあなたが、逆の。いっそ騒音の歓声とが手を取り合う。きっとその真ん中に彼がいて、歌い、輝きを放ち、人々を魅了する。それがどれだけ素晴らしいことか。
  有難う。桜庭薫。

 

 

【流るゝ風の如く 〜和敬清寂〜(清澄九郎/中田祐矢)】
「幾度同じ人と出会っても 一期一会この一瞬を永久にしましょう」
  清い。とにかく清い。
  鹿おどしの音がして、音楽が流れ始めるとライトがFIして、するとステージにライトがついて九郎くんがいて、次の鹿おどしで静かに九郎くんにスイッチが入る。そんなシーンが浮かびました(記憶力のないPだからセカライの記憶はない)

  優しい笑顔でファンを一人一人見ながら歌う九郎くんがここには居ました。
  あと。実は少し不思議だったんです。ゆうゆがあの日、泣いたの。真面目だ真面目だとは思っていたけれど、あの場で泣くほどだったか?と。でも、この曲をじっくり聴いて。清澄九郎は一期一会、この一瞬を大切にする、と歌っていて。そんなくろくんの歌をふんわりしてしまった。だからゆうゆはあのステージで泣いたのかもしれない。と思いました。……そんな日が清澄九郎にもありそうだなぁ……。
  そして、もてなす事。一人一人と向き合うこと。それを大切にするくろくんだから、この清くて1人であのステージを背負うには頼りなかった九郎くんはソロのステージが用意されたのかもしれない。きっと本人も戸惑ったんじゃないかと思うけれど。そんな清澄九郎がはじめて315プロでピンのステージを演った、っていうのは。意味があるなぁと思いました。そう思うと静かに涙がこぼれた。
  そういや、オリピ4イベバナーの桜庭イベの台詞みたいな歌詞が、九郎くんにもあるのね。

 

 

【フェイバリットに踊らせて(水島咲/小林大紀)】
「右の手にはトレンチかマイク」
  むちゃくちゃ可愛い。視聴段階ですっっっごく可愛くて。ライブで観てもめっちゃ可愛くて(まぁ舞田のイメージが強すぎてあれなんですが)
  こばぴょんも言ってましたが、お城のお庭を歩く咲ちゃんが本当に目に浮かぶ。
  でも咲ちゃんは可愛いだけじゃなくて、心底かっこよくて。そんな咲ちゃんだからアイドルでいれて、きらきらしてるんだろうなぁと改めて感動する。
  あと、トレンチってお盆(ダサい)のことなのねって思って。メイドとしての咲ちゃんもアイドルとしての咲ちゃんも、根元は変わらないのがすごいと思いました
  咲ぴょんきらきらしてんな。


【Sanctuary World(都築圭/土岐隼一)】
「つがいの羽根 見守る陽射し」
  誰がこんな激情に溢れた曲だと思った。流石は都築圭のプロデューサーだよ。わたしだけど。
  でも、わたしPは思うんです。わたしPは多分都築のソロが来るとわかれば、まず都築さんにどういう曲を歌いたいか、って聞くだろうと。でも都築はきっと「プロデューサーさんはどんな曲を
歌ってほしい?」って逆に問うてくるんじゃないかと。そして、SL11・2nd(実際には曲決まったのは2nd以前だと思いますが)を魅せつけてきた都築にわたしが渡す曲、と考えたら、あぁこういう曲を渡すだろうな、と。都築さんが楽しそうでうれしい。
  勝手な読み解きとしては1番は都築圭の変化。2番以降は麗さんとの出会いを歌っているのかと思った。というか、この都築圭のソロは多分セカライの前に録り終わってる思ってるんだけど(てか視聴開始を考えるとそうよね?)Opusの演出はこの曲も麗さんの曲も踏まえて演ったものじゃないかと……わたしPは思います。歌詞のことはまた語りたい……。  麗さんの曲とOpusと1st〜全部照らし合わせて……。
  間奏は思いのままに弾いてくれてるのでは感が凄くて好きでした。
  あと、ふと入る息継ぎ・息遣いに、あの時折生きているのかわからない、幻想の中の生物が間違って降りてきたのかと思いたくなるような都築圭の、生を感じて。人間だ。と思って。この人をプロデュースすると決めてよかったと思いました。
  本当に。都築圭をアイドルにしようとして、神楽麗と出会わせた、315世界にいるわたし。よくやったよ。有難う。生まれてきて、よかった(そして両親に感謝した)

 

  なお、カードは都築圭。大号泣しました。f:id:hobbitrical-parade:20170508000019j:image

 

 

 

  都築圭役土岐隼一氏のバースデーに間に合うようにあげたかったんですが、ギリギリ、ですね